人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/02/13

平成30年度の雇用保険料率は平成29年度から変更なし

 雇用保険の保険料率は、毎年3月末の積立金と給付の状況に応じて見直しが行われることになっており、来年度(平成30年度)の雇用保険料率について、正式に決定され厚生労働省から公表されました。

1.平成30年度の雇用保険料率
 現在、法律上の失業等給付に係る雇用保険料率は1,000分の10(※)、雇用保険二事業に係る雇用保険料率は1,000分の3.5(※)になっていますが、平成30年度は弾力条項により、それぞれ1,000分の6、1,000分の3に引き下げられます。平成29年度も弾力条項が適用され同様に引き下げられていたため、結果として平成30年度の保険料率は平成29年度から変更なしの結果となりました。
※いずれも「一般の事業」の料率

平成30年度の雇用保険料率



2.注意しておきたい雇用保険料の免除対象者

 平成29年1月1日より、これまで雇用保険の適用除外であった65歳に達した日以後に新たに雇用される従業員も、雇用保険の適用対象となりました。そのため、対象となる従業員がいる場合には、事業所管轄のハローワークへ届出が必要となります。ただし、保険年度の初日である4月1日において、満64歳以上の被保険者については、雇用保険料の徴収が被保険者負担分および事業主負担分ともに免除されています。これは、平成31年度までの措置ですので、取扱いに間違いのないよう注意しましょう。

 平成30年度は、労災保険率の変更も決定されましたので、年度更新の処理に備えましょう。

■参考リンク
厚生労働省「雇用保険料率について」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




平成30年度以降、拡充などの変更が予定されているキャリアアップ助成金2018/02/06
1月10日よりスタートした事業所が利用できる「ねんきん加入者ダイヤル」2018/01/30
年次有給休暇の平均取得日数は9.0日2018/01/23
広がる人材不足の状況と求められる働き方改革の取組2018/01/16
ハローワークへの大卒等の求人公開日 4月1日に前倒し2018/01/09
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2018/01/02
新卒採用市場「売り手市場(学生側が有利)」の認識が93.0%2017/12/26
労働者名簿、賃金台帳を始めとした人事労務に関する書類の保存期間2017/12/19
今月中旬以降に日本年金機構から「マイナンバー等確認リスト」が届くことがあります2017/12/12
平成29年の大卒の初任給は206,100円2017/12/05
来年1月より変更となる従業員の募集や求人の申込みをする際のルール2017/11/28
11月14日に来年の裁判員候補者に対する通知が発送されました2017/11/21
押さえておきたい介護休業給付金の概要2017/11/14
パートの約7割が希望する今後の働き方はパート2017/11/07
新卒者が3年以内で会社を辞める割合は高卒で40.8%、大卒で32.2%2017/10/31
  就業規則、三六協定作成、労務管理の相談はこちら。  

  
  
Mykomonは顧問契約、就業規則
 依頼先のみが利用できる便利な
 サービスです。 Mykomon概要
  
サイト運営者
村岡社会保険労務士事務所
〒541-0052
大阪市中央区安土町1-2-4-404
TEL:06-6282-7202
FAX:020-4668-8864
メールでのお問合せ

【免責・著作権に関する表記】
情報内容には万全を期していますが、これに基づき万が一損害が発生した場合、責任を免れるものとする。掲載文章等の無断転載を禁じます。
事務所案内報酬案内
顧問契約個人情報保護方針
 
 

◆村岡社労士事務所運営サイト

就業規則・36協定作成 大阪・村岡社会保険労務士事務所

大阪・派遣許可対策室(一般・特定)派遣業設立許可申請代行

障害年金申請代行・大阪

事務所Facebookページ